ホーム診療科・症状から探す脳神経内科・脳神経外科

脳神経内科
脳神経外科

脳や脊髄、神経、筋肉の病気を診ます。
これらの分野は原因がはっきりしないことも多いですが、

①丁寧な診察を行い

②複数の検査を組み合わせ

③必要に応じて他の診療科と協力して診療を行っていきます。

また病気の特性上、後遺症が残ったり症状が進行するものもあります。
そのような場合でも諦めずに、総勢100名を超えるリハビリスタッフと協力し、
現在の能力の維持・向上を図っていきます。

下記のような症状やお悩みがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 脳卒中が心配
  • 顔が痙攣する
  • 手足がふるえる
  • 手足がしびれる
  • 頭が重い、痛い
  • 転倒する
  • 首が曲がる
  • 血圧が高い
  • 歩きづらい
  • 言葉が出にくい
  • めまいがする
  • 食べる・飲む時にむせる
  • 物忘れが気になる
  • 物が二重に見える
  • 手足に力が入らない
  • リハビリをしたい
  • 気を失う
劉 会中

副院長、脳神経内科、一般内科

略歴

1971年

第51回日本医師国家試験合格

九州大学医学部付属病院内科研修生
1973年
九州大学医学部第二内科入局

所属学会・認定医など

日本循環器管理研究協議会評議委員

日本老年医学会認定老年病専門医 - 指導医

趣味

ドライブ・田園巡り

加齢による身体各臓器の機能障害は避けることはできません。誰もが健康を継続し快適な日常生活を送ることを望んでいます。そのためには病気を未然に予防することが最も重要です。

私は脳卒中の発症予防を中心に診療を行います。初診の患者さんに対して、頭部のMRIやMRA、頸動脈エコーなど総合的に検査を行いしっかりと説明をしてから治療方針を考えます。どうぞお気軽に来院をお願いします。
笹平 俊一

脳神経外科部長

略歴

1994年

久留米大学卒

同医学部脳神経外科入局
2011年
医学博士取得

所属学会・認定医など

日本脳神経外科学会専門医

日本脳卒中学会専門医

日本脳神経外科コングレス

趣味

音楽・魚釣り

平成6年に久留米大学脳神経外科入局後25年間、脳神経外科手術・救急・一般外来を大学病院、救命センター、関連病院で行ってきましたが、令和元年9月より当院で診療を行うこととなりました。今までの経験をもとに、地域医療に貢献できたらと考えています。
脳の病気は様々なものがありますが、その中でも脳梗塞・脳出血などの脳卒中は、早期受診・早期治療がより良い予後につながると言われています。「普段と何か違うな?」と感じることがありましたら、躊躇せず受診して頂ければ幸いです。また頭部外傷も、頭蓋内出血の有無を確認することが非常に重要です。
上に記した脳卒中・外傷に限らず、脳神経外科領域全般の診療を行っていきます。「身近な脳神経外科医」としてお気軽に受診・相談して頂ければ幸いです。
古田 芳彦脳血管内科

略歴

2010年
九州大学第二内科入局

所属学会・認定医など

日本内科学会認定内科医・総合内科専門医

日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

日本脳神経超音波学会認定脳神経超音波検査士

日本疫学会

日本循環器予防学会

診察日

毎週木曜日

外来診療案内
〈平日〉

診療科 時間
脳神経外科 午前 笹平 笹平 笹平 笹平 笹平
午後
脳神経内科 午前
古田
午後

外来診療案内
〈土曜:午前〉

診療科 第1週 第2週 第3週 第4週 第5週
脳神経外科 笹平 当番医 当番医 笹平
脳神経内科
(令和元年10月1日現在)